●グラフィックデザイナーの仕事内容 

グラフィックデザイナーの仕事内容

●グラフィックデザイナーの仕事内容 

 

グラフィックデザイナーの仕事内容は、
ひとことで言うとビジュアルデザインです。

 

雑誌・新聞・WEBの広告、ポスターやフライヤー、
商品のパッケージ、WEBサイトなど多岐に渡る
デザインの分野で求められています。

 

どんな分野でもクライアントの受注によっ
てグラフィックデザイナーの仕事は発生します。

 

最初にクライアントと打ち合わせをして、
要望や希望を聞くことから始まります。

 

それを元にラフデザインをつくりプレゼンをして、
クライアントの許可を得てはじめて本番のデザインの
制作に取り掛かることができます。

 

期間は仕事の規模によって1週間のものから
数年単位のものまで様々です。

 

実際に制作が始まってからの
グラフィックデザイナーの1日のスケジュールは、
まず、9時〜10時に出社をして、
15分から30分程度メールとスケジュールのチェックに費やします。

 

12時もしくは13時の休憩時間までデザインの作業を行います。
1時間の休憩後、18時くらいまで業務を行い、
再度休憩をして軽い食事をとります。

 

30分ほどで済ますと、デザインを再開して20時〜21時に終了して退社します。

 

上記は、一般的なグラフィックデザイナーの工程ですが、
中には出社時間が自由で、締め切り前でなければ、
勤務時間内に映画館や展覧会などに行くことが許されている会社もあります。

 

感性を磨くことがグラフィックデザイナーとしての仕事に生かされるからです。
ただし、楽しむだけでなく、仕事の糧にして結果を出すことが必須となっています。