●グラフィックデザイナーに求められる能力

グラフィックデザイナーに求められる能力

●グラフィックデザイナーに求められる能力

 

グラフィックデザイナーは、フライヤーや本、
雑誌、広告、CDジャケット、商品パッケージ、ホームページなど
あらゆるビジュアルのデザインを行う仕事です。

 

Adobe Illustrator、Adobe Photoshop、
Adobe Indesign、3Dソフト等
グラフィックデザインに必要なPCのスキルは
当然ながら必要不可欠な能力となります。

 

PCでの実践的なデザイン技術は、
センスなしには成り立ちません。

 

グラフィックデザインは1つのアートでもあるので、
情報伝達と共に芸術作品性も求められています。

 

グラフィックデザイナーは、
クライアントが提示する条件とアーティストとしてのセンスを
バランス良く調整して1つの作品にしなくてはなりません。

 

雑誌や広告の現場では、編集者、コピーライター
アートディレクターと共同で1つの案件を担当することが多いです。

 

共同作業がスムーズに進行するようチーム内での意思疎通を
小まめにとる事ができるコミュニケーション力も、
グラフィックデザイナーに求められる能力の1つです。

 

グラフィックデザイナーは感性とセンスが重要ですが、
デザインを論理的に語れる説明能力があれば、
プレゼンテーションでクライアントにアピールすることが容易となります。

 

特にコンペ形式の現場であれば有利です。
色彩論や、文字組、フォントに対する知識だけでなく、
新聞やTVのニュースを通して常に社会情勢や世間の動向を
把握しておくことで、時代の流れを読むことができる視点も備わり、
クライアントの求めに対し柔軟に対応する能力となるでしょう。