●グラフィックデザイナーに向いている人 向いていない人

グラフィックデザイナーに向いている人 向いていない人

●グラフィックデザイナーに向いている人 向いていない人

 

グラフィックデザイナーに向いている人は、
まずは何よりもデザインやアートの分野に関心があり、
アイデアと技術を持っていて形にすることができる
能力を持っているということです。

 

上記なくして仕事を行うことはできませんが、
プラスアルファとして人に楽しんでもらうことが好きな人、
サービス精神が旺盛な人も
グラフィックデザイナーに適しています。

 

グラフィックデザイナーはクリエイティブな仕事ではありますが、
クライアントの求めに応じて仕事をするので、
いわゆるアーティストとは一線を画します。

 

柔軟性を持ってクライアントに対応しつつ、
自らのセンスや感性で個性をアピールすることで、
情報媒体としてのアート作品が完成し、
クライアントやユーザーを喜びを与え、次の仕事にもつながってゆきます。

 

一方、グラフィックデザイナーに向いていない人は、
ひとことで言うと表現力がないということにつきます。

 

デザインの技術やPCのスキルはもちろんのこと、
他人に対するアピール力や、コミュニケーション力も含まれます。

 

グラフィックデザイナーは、1つの案件において
様々な分野の人が関わってくるため、
チームの一員として仕事をすることがほとんどです。

 

プレゼンテーションでのクライアントへの企画説明や
製作現場での意思疎通など、国語力や対人能力がないと厳しいでしょう。

 

また、アーティスト気取りの人、個人プレーが過ぎる人も、
クライアントありきのグラフィックデザイナーには向いていません。
いくらセンスとアイデアがあっても、協調性がなければ仕事を干されます。