グラフィックデザイナーの魅力とは?

グラフィックデザイナーの魅力とは?

●グラフィックデザイナーの魅力とは? 

 

街中や駅などで目にするポスターや雑誌や
新聞に掲載されている広告、インターネットのサイト、
コンビニやスーパーで販売されているお菓子の容器・・・
これらはすべてグラフィックデザイナーの仕事によるものです。

 

グラフィックデザイナーは、情報伝達における
ビジュアルデザインを幅広く扱っています。

 

クライアントの希望に添ってコンセプトを設定し、
情報内容とデザイン性を融合させる技術は、
芸術的なセンスだけでなく、コミュニケーション力や、
企画の理解能力も求められます。

 

実用性とアート性が上手く融合して、
クライアントだけでなくユーザーにも楽しんだり興味深く見てもらえることが
グラフィックデザイナーの仕事の魅力です。

 

また、好奇心や遊び心がグラフィックデザイナーの
クリエイティブな感性の糧になるというのも魅力ということができます。

 

グラフィックデザイナーになるために最も必要なのは
センスや感性ですが、デザインの作業にPCは必要不可欠です。

 

IllustratorやPhotoshop、DTPなど
デザインに必要なソフトは一通り使いこなせなければなりません。

 

IllustratorとPhotoshopにはクリエイター検定の1〜3級まであり、
DTPにも検定があります。

 

上記の検定を受けて合格すると、ソフトを使いこなせるレベルやスキルの証明になるので、
グラフィックデザイナーとして企業に就職するには魅力的な資格です。

 

また、今後ますますの進化が予想される
CGデザインの資格であるCGクリエイター検定に合格していると、
WEB系だけでなく紙媒体系のグラフィックデザインの
仕事の用途もひろがるかもしれません。

 

デザイン系の資格の取得が、
グラフィックデザイナーとしてのチャンスやスキルアップにつながります。